ちょっとした面接のマナーが大事になってくる

面接のマナーで大事なのは言葉づかいや礼だけではない

 

 転職において面接でのマナーというものは非常に重要になってきます。企業によっては一番真剣にみている部分にもなっているのです。そこで、把握してほしい事が面接で大事なマナーは言葉づかいや礼だけではないという事です。たしかにこの2つはマナーにおいてかなり重要になってきます。

 

 しかし、これだけではなくてちょっとした部分でのマナーも大事だという事を覚えておきます。言葉づかいが良くてもちょっとした部分でのマナーがあまり良くないですと採用されないという事につながってきます。決して難しい事ではないですので、面接においてのすべてのマナーを出来る限り完璧にこなすという事を意識する事が大事です。

 

面接でのちょっとしたマナーとは何か

 

 次に、面接でのちょっとしたマナーとは何かについてお話します。まずは、目線です。面接官と話す時にはきちんと相手の目を見て話す事を意識します。話している時に目が違う方向に向いているようでは、面接官からマイナス評価をもらう事になってきます。

 

 緊張して、相手の目を見て話しにくいという気持ちは分かりますけど、大きなポイントになってきます。また、お茶をもらった時にはきちんと「ありがとうございます」などとお礼の言葉をいいます。もちろん、面接が終わった時にもきちんとお礼のあいさつをするようにします。