40歳以上だからこその転職活動法がある

40歳以上だからこその転職活動法がある

・40歳を超えて転職するということ

 

「30歳と40歳の違いは何か」と考えると、一番は「体力」という人が多いかもしれませんが、他にも「記憶力」「行動力」などがあげられます。
そして「家族」を挙げる人がいます。
「家族は転職に不利である」という人もいますが、一面ではその通りです。

 

家族がいて、さらに子供がいれば、企業側として何を考えるのでしょうか。
通常勤務ならば問題ありませんが、給料面でも割高になりますし、福利厚生や転勤に関してもネックになってきます。
何も「家族を捨てろ」と言っているわけではありません。
ただ、転職とは結局「何を残し、何を捨てるのか」ということになるのです。

 

30歳よりも抱えるものが多い40代以降は選ぶ作業が増えてしまいますから不利になるのです。

 

・40歳以上でも転職するには

 

自分に中で取捨選択をしたとしてもどうしても捨てられないものがあります。
それは持ってない人よりも不利になることは覚悟するしかありませんが、逆に40歳以上の方が有利なこともあります。

 

捨てるだけが選択ではありません。
30歳と40歳以上の決定的な違いは「経験数」です。
例えば大きなプロジェクトならば5年や10年は当たり前にかかりますから30代でこれらの経験をしているとは考えにくいです。

 

経験はどのような環境でも武器なります。
自分が今まで経験してきたことを今一度思い出して、「自分だけの武器」として使います。
「捨てられないもの」が多い以上は武器を持って戦うしかないのです。

 

・40代以上の転職者へ

 

年齢は一面では不利になります。
体力や記憶力は衰えてきますし、考え方も柔軟性を失い始めます。
しかし、それを恥じて、悔やむのではなく、誰も経験したことのない「武器」と考え見てください。

 

「捨てられないもの」があるからこそやれることがあります。
できないことを知っているからこそ、冷静に行動できるのです。
それこそが40歳を超えた人たちの強さなのです。